プロフィール

アグリ川田スタッフ

Author:アグリ川田スタッフ
農業「アグリ川田」(http://agrikawata.com/)のスタッフたち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘伝!収穫終盤

秘伝収穫

枝豆収穫は終盤!
明日で終われるかな~というところまできました。

「秘伝」という晩生品種を収穫しています。
背丈が高く枝が多いのが特徴で、
機械にからまって、
なかなかスムーズに進みません。

それでも、スタッフたちは
効率のよい作業方法を考え、試し、失敗しながらも、
なんとか頑張っています。

秋雨が身に堪えますが、
今日は夕方に日が差して、
とても綺麗な秋の風景が広がりました。

夕日をすかして葉が光る枝豆畑は、
とても印象的で、
仕事の疲れを癒してくれます(↑写真)

(アグリ川田スタッフ・サイトウ)

スポンサーサイト

香り五葉 収穫フィナーレ

枝豆おにぎり
(↑枝豆畑で食べる枝豆おにぎり。粋な昼飯)

今日は枝豆「あきた香り五葉」の収穫が最終日を迎えました。
今後は10月に入ってすぐに晩生品種「秘伝」を収穫し、
枝豆はフィナーレを迎えます。

今日の昼飯は、カミサンが作ってくれた。
枝豆おにぎり
作り方は
ゆでた豆、油揚げ、刻んだシメジを、
醤油やみりんで煮て、
混ぜご飯にして、にぎったそうです。

まあまあ、うまかったっす。
香り五葉独特の甘みがきいていて。
何より、枝豆畑を見ながら食べるってのが粋じゃないですか。

豆の香りも逃げないように作れたら最高ですね。
あまり注文はつけると作ってもらえなくなりますが。

ちなみに、こんな豆を発見!!
合体枝豆だ~(写真↓)
合体枝豆

(アグリ川田スタッフ・サイトウ)

知られてない!秋田の枝豆・・・。

香り五葉写真
(写真=たわわに実った枝豆「あきた香り五葉」)

収穫作業が行われている枝豆の畑に、
今日は視察のご一行様がいらっしゃいました。

首都圏の料理人の方たちが、
秋田の食材生産の現場を訪ねたり、
実際に食材で創作レシピを試すという、
県の事業のようです。

食材の一つに秋田ブランドの枝豆「あきた香り五葉」が取り上げられ、
生産者としてアグリ川田が紹介されたのです。

社長によると、
香り五葉を食べた料理人からは「うまい」
と高評価をいただいたようです。
ただ、
秋田に美味い豆があることを始めて知った、
というのが実情のようで・・・。

知られてないんですね・・・香り五葉・・・名前はセンス良いと思うんだけど・・・。

ああ、この甘くてコクの深い枝豆を、みんなに知ってもらいたい!!!
どうしたらいいでしょうか?
アイデアある人教えてください。
って農家が考えなきゃならないんですよね。

ちなみに、この香り五葉、
1キロ1,000円で販売中ですよ。
食べてみてね~。
購入は当社HPの農産物ショップからアグリ川田HPhttp://a-kawata.com/

あきた香り五葉 明日からバンバン収穫!

枝豆あおり

枝豆収穫が続いています。
品種は「あきたさやか」が終わり、
いよいよ秋田自慢のうまい豆
「あきた香り五葉」の収穫に移りました!!

甘さ十分!旨み最高!自慢できる枝豆です。

今日まで数日小休止していましたが、
明日かはバンバン収穫していこうと、
スタッフもはりきっています。

ネットショップでも販売していますので、
どうぞご利用を
アグリ川田ホームページ(http://a-kawata.com/)


枝豆脱莢機乗せコンバイン

畑をのそのそとキャタピラで歩くのは・・・(↑写真)

アグリ川田の自慢の機械の一つ。

稲作用コンバインを改造し、
枝豆のさやを自動でもぎ取る機械を
取り付けちゃいました。
自前で作っちゃいました

ほかの農家さんにもこの方法が
普及していっているようです。



あきたさやか収穫開始

あきたさやか

あきたさやかってなんだか素敵な名前じゃないですか?
秋田の独自の枝豆なんです。
甘くって、上品な旨みなんです。

アグリ川田では今日からあきたさやかの収穫に入りました。
とれたてを自宅でゆでて食べました。
家族が幸せそうな顔で「おいしい」というので、
暑さの中で作業してきたパパの疲れも吹っ飛びました。

この美味しい枝豆を、みなさんもご賞味くださいね。
当社HPの農産物ショップで販売しています。
1㎏1,000円(送料込み)
アグリ川田HP(http://a-kawata.com/)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。