プロフィール

アグリ川田スタッフ

Author:アグリ川田スタッフ
農業「アグリ川田」(http://agrikawata.com/)のスタッフたち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京に農産物を売り込め!

首都圏に秋田の農産物を売り込め~!
ということで、
農業法人が東京に直接農産物を売るための
営業を手助けしてくれる、
秋田県のありがたーい事業を
活用して、24年度、がんばってきました。

その報告会が昨日秋田市でありました。
川田将平専務と、私齊藤が出席し、
その成果と課題を
発表してきました。

そしたら、
県内の農業法人とか、行政の農業担当者とか、
最近アグリビジネスに力を入れている地銀の関係者がズラリ…

さらに、
テレビは来てるし、新聞社もいるし、
めちゃくちゃ緊張しまくりでした。
しかも、
発表のトップバッター。
冷や汗かいてきました。

事業は、
秋田県東京事務所の若手エース職員佐藤大祐さんと
全国で産地の農産物プロデュースを手がける
敏腕講師の佐藤翼さん(株ただいま社長)が、
商品のブラッシュアップと、
営業先の絞込み、
営業技術の指南、
営業後のフォロー
まで法人と一緒になってやってくれるという
気合のこもったものでした。

実際に何件か、
首都圏の業者と取引が実現したり
取引に向けた契約を交わすことができました。

いいものを作って、その良さを知ってくれる人に提供する
という農業活動のきっかけを作ることができました。
これからどんどん栽培技術とか、
商売の信頼度を上げていかないといかんと、
思っております。

東京に県内、特に県北の農業者が直接農産物を販売する
ということを考えるとき、
大きなネックの一つが、
運送
だと思います。
低コストで、鮮度を保ったまま、取引先が望む場所に運ぶ・・・
それがなかなかできないのです。

それを実現させるためには、
地域ぐるみで民も官も知恵を出し合って
考えていく必要があるんじゃないかなあ
と思う日々です。

そんなことを真剣な顔で訴えてきました。





スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。